鉄道・航空運賃の精神障害者割引が遅れている

のりもの

本稿は本ブログ開設後早くアップすべきであったが、情報収集の難しさと自身の問題意識の薄さから遅れてしまった。ネットで検索してみたら、精神障害者手帳保有者に対する鉄道・航空運賃の割引がほとんどなされていないことが、国会議員レベルでもかなり問題となっているようだ。
鉄道好きとして、また当事者として、本稿ではこの問題を考えてみたいかと思う。

精神障害者福祉保健手帳(以下、精神障害者手帳)保有者がどの都道府県、またはどの政令市に居住しているかで、どの程度公共交通機関が無料または半額で利用できるか、恩恵を受けられる範囲が大きく異なっている現状があり、当事者にとっては大きな問題である。

精神障害者(発達障害を含む)というだけで就労などの社会参加が現状制限されてしまう(社会から締め出しを食らっている)以上、民間事業者であっても福祉・社会貢献の観点で、割引という形で身銭を切ることが必要なのではないか。

最初に結論付けておくが、筆者の考えるあるべき姿は、手帳提示で全国の鉄道・バス運賃の50%割引(距離制限なし)、居住している自治体の範囲内では公営交通を無料(100%割引)で利用できることである。
重要なのは、障害者区分で身体と知的障害者に対しては、すでにこの割引が提供されていることで、あとは精神障害者というところで止まってしまっているのである。

現状では、バス運賃については標準運送約款上で半額(50%割引)と定められているので、導入しているバス会社が増えているはずなのだが、問題は鉄道で、行政や議員も手を焼いているようなのである。
鉄道会社で、精神障害者手帳提示で運賃割引を提供している先進的な鉄道会社は、ホームページで確認できた主なところで次のような会社である。地方の第三セクターなど中小私鉄の導入が現在進みつつあるということが考えられ、普通乗車券だけでなく、定期乗車券も割引になる鉄道会社さえある。

青い森鉄道 [普通・定期]
野岩鉄道 [普通]:実踏確認済
しなの鉄道 [普通]
秩父鉄道 [普通]
千葉モノレール [普通・定期]
えちごトキメキ鉄道
あいの風とやま鉄道 [普通・定期]
IRいしかわ鉄道 [普通・定期]
富山地方鉄道
肥薩おれんじ鉄道 [普通100km以上]
沖縄都市モノレール(ゆいレール)[普通・定期]

(他にも割引を行っている会社があると思われる)

一方、JR各社や首都圏の大手私鉄は頑として割引を行いたくないという考えである。福祉精神など微塵もない金儲け優先のひどい有様なのだが、これ以上の批判は本稿では控える。

また、居住者限定で行政区域内の公営交通無料乗車制度が大都市を中心に実施されている(以下は精神障害者手帳所持の場合)。

東京都:都営交通乗車証
都営地下鉄、都電、バスが無料(発行無料)。乗車証発行日より2年間有効。詳細はコチラ
東京メトロ(地下鉄)線に乗車できないのが問題。現在割引がないので、乗車には所定運賃が必要で負担になる。地下鉄一元化に絡む東京独特の問題があり、解決が難しいと思われる。

横浜市:福祉特別乗車券
市営地下鉄、全路線バス、金沢シーサイドラインが無料(発行有料)

名古屋市:精神障害者福祉特別乗車券
市バス・地下鉄、ゆとりーとライン、あおなみ線の全線が無料

京都市:福祉乗車証
市バス・市営地下鉄全線、京都バス・京阪バス・醍醐コミュニティバスの一部区間が無料

大阪市:無料乗車証
市営交通機関(地下鉄・バス・ニュートラム)無料

これらの無料乗車証の措置は大都市に限られるのだが、その他の小さな都市にも割引措置がされることを望む。

鉄道だけでなく、航空でも手帳保持者への運賃割引の扱いはいまだされておらず、他の障害者の扱いとはかなり差別的である。

下図のように、実務上は(身体障がい者)割引運賃と、一般の割引運賃(特割など)の差があまりないのであるが、身体障がい者割引運賃の利用者には普通運賃と同じだけの有利な運賃条件とマイル数が付与されるのがずるいところだ。精神障害者はその恩恵を受けることができないので、その点を何とかしてくれと言いたいものだ。

20160130_ss

(引用元:ANAホームページ 空席照会画面 http://www.ana.co.jp/)

航空運賃は、あまり日常的な交通手段ではないので鉄道ほど切実な問題ではないかもしれないが、鉄道運賃に関してはより深刻な問題だ。航空運賃のような割引制度が鉄道ではいまいちだからだ。
国(国土交通省)がJRなど大手鉄道会社に割引適用を強制してしまえばいいだけの問題にも思えるが、そうもいかないのだろうか。

※ 本記事を発展させ、再考した記事をご覧ください(コチラ)。2016/09/22追加

(アイキャッチ画像出典:ぱくたそ https://www.pakutaso.com/userpolicy.html)

タイトルとURLをコピーしました