上信電鉄(群馬県)運賃の障害者割引【精神OK】

行政支援
スポンサーリンク

上信電鉄線は、高崎駅(群馬県高崎市)から上州富岡駅(群馬県富岡市)を経由し、終点の下仁田駅(群馬県下仁田町)に至る33.7kmの路線です。

地域の人々の移動の足になっている路線ですが、途中の富岡市には世界遺産になっている富岡製糸場があるため、観光のための移動手段としても利用できます。

筆者も、障害者割引の適用を受けて、上信電鉄線の電車に乗車してみました。本稿では、精神障害者手帳所持者を含めて適用される運賃の障害者割引についてご説明します。

障害者割引の詳細

【対象者】

精神・身体・知的障害者

(身体・知的第1種/精神1級)
障害者本人および介助者1名

(身体・知的第2種/精神2・3級)
障害者本人のみ

※ 居住地による制限は特にありません(手帳を呈示すれば割引を受けられる)

【対象区間・設備】

上信電鉄線内全区間

【運賃割引率】

50%(半額:障害・等級による区別なし)

※ 基本は普通乗車券のみの割引。介護者同伴の上で一定の条件を満たせば、定期乗車券、回数乗車券も半額の場合があります。

乗車券についての詳細

【乗車券購入方法】

有人駅では、乗車前に駅窓口で手帳を呈示して割引運賃で乗車券を購入します。

無人駅から乗車する場合は、降車時に運転手に手帳を呈示して割引分の運賃を支払うか、降りた駅で手帳を呈示して精算します。

【乗車券様式】

有人駅窓口で乗車券を購入した場合、原則青地もしくは赤地の硬券が発行されます。小児券代用ではなく、大人用の乗車券に割引印を押して発行される形です。

乗車券を購入する際、障害者手帳の番号を駅の台帳に控えられますが、驚かないでください。

高崎駅から乗車する場合、青地の硬券(往復で購入した場合)
高崎駅に向かって乗車する場合、赤地の硬券

ここで余談。

発行されるきっぷは上述の通り、原則硬券の常備券です。この写真は、筆者の趣味もあって補充券での発券を希望し、特別に出してもらった時のものです。いつでも入手できるものではないことをご留意ください。(この場合も、手帳番号が記事欄に記載されました。)

補充券での発券は、普通はありません

その他の情報

【備考】

電車に乗って富岡製糸場に来場する場合、往復分の乗車券と製糸場の入場券がセットになった特別割引きっぷ(富岡製糸場見学往復割引乗車券)が発売されています。

障害者手帳を所持している場合、富岡製糸場の入場料金が同伴者1名を含めて免除になるため、このセットきっぷを買うのではなく、鉄道のきっぷのみを個別に購入することをお勧めします。

【情報出所(公式ウェブサイト)】

利用案内 | 上信電鉄株式会社

運賃の障害者割引の提供有無は、運送約款の規定によらず、最終的には各事業者の判断となります。この割引制度は、各事業者の好意によって成り立っていることをご理解ください。

タイトルとURLをコピーしました