精神疾患

精神疾患および精神障害者について扱います。筆者の疾患である気分障害が話題の中心になります。現在ではうつ病がポピュラーになっていますが、それでも生きにくいところを表現したいと思います。

スポンサーリンク
精神疾患

仙台市地下鉄・市バス|障害者割引・福祉割引用icsca【精神OK】

東北地方第一の大都会、杜の都仙台市内を走る市営地下鉄と市バスにも障害者割引(福祉割引)があり、精神障害者保健福祉手帳の所持者にも割引が適用されます。 仙台市交通局管轄の地下鉄および市バスには従前から障害者割引がありましたが、精神障害...
就労支援

今でも精神障害者を雇用したくない?~平成30年障害者雇用実態調査~

筆者が本ブログを立ち上げた2015年に、いかに精神障害者(本稿では発達障害者も含む)の雇用が難しいかを平成25年度障害者雇用実態調査の結果から考察し、記事を投稿してから、本稿を執筆している2021年まで6年が経過しました。 障害者雇...
就労支援

コロナ禍の障害者雇用状況の集計結果をみる(2020年)

毎年6月1日現在の民間企業・行政機関における障害者雇用状況の集計結果(いわゆるロクイチ集計)が毎年12月に公表されますが、2020年分の集計結果については、年明けの2021年1月になって公表されました。 本ブログでは、この障害者雇用...
精神疾患

精神・発達障害当事者の結婚のあり方を考える

筆者は発達障害(ASD)の当事者で、二次障害として双極性障害の治療を続けながら、障害者雇用で障がいを開示して就労しています。障がいオープンでの転職を1度経験して、本稿執筆時の2021年で通算4年間、障害者雇用で安定的に就労継続しています。...
就労支援

精神・発達障害者が知っておきたい障害者雇用の助成制度

精神障害者保健福祉手帳等の所持者が障がいを開示して障害者雇用で働く場合、雇用する事業主向けには国や自治体による多くの助成金の制度があります。 2021(令和3)年3月から障害者の法定雇用率が、民間企業で2.3%に0.1ポイント上昇し...
精神疾患

精神障害者保健福祉手帳取得のメリット・課題

筆者が発症当時うつ病に罹患して通院を始めて2年経った時に「精神障害者保健福祉手帳」を取得してから、本稿の執筆時点でちょうど16年が経過しました(「精神障害者保健福祉手帳」については、以下「手帳」もしくは「障害者手帳」と記載します)。手帳に...
就労支援

障害者雇用における正規雇用(正社員就労)を考える

筆者は、障害者雇用(障がい開示)で東証一部の大手企業で就労した経験が2社あります。本稿執筆時現在では障がい開示での転職経験が1回あり、現在は2社目になります。その1社目(前職)の契約社員としての勤続期間が2年3か月、2社目(現職)の契約社...
精神疾患

西日本鉄道 障害者割引・nimoca障がい者用カード【精神OK】

福岡市の福岡(天神)駅と大牟田市の大牟田駅の間を縦断する西日本鉄道(西鉄線)。大手私鉄ながら、障害者運賃割引の対象者に精神障害者保健福祉手帳所持者が追加されています。本稿の執筆時点では、日本の大手鉄道事業者の中では唯一の精神障害者への割引...
精神疾患

福岡市地下鉄 障害者割引・はやかけん障害者用割引カード【精神OK】

九州一の大都市、福岡市を走る地下鉄。地元に居住する障がい当事者の他に、所用で訪れる市外の障がい当事者も多いのではないでしょうか。福岡市の地下鉄でも、精神障害者保健福祉手帳や他の障害者手帳の所持者であれば運賃の割引が適用されるので、市外から...
精神疾患

家ごもり生活でも生活リズムを保とう!

2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の対策のために、国から「緊急事態宣言」が発出されました。それによって、はたらく人を含めた多くの人々が外出を避けて、自宅など職場以外で、在宅勤務などのテレワークを行うように...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました