社会復帰

社会復帰に関するトピックを広く集めました。本ブログでは、専ら一般就労を目指した社会復帰について扱います。

スポンサーリンク
就労支援

もにす認定制度~障害者雇用に優しい中小企業~

「もにす認定制度」とは、「ともにすすむ」から名前を取った、障害者雇用促進法に基づく厚生労働省の施策で、障害者雇用に関して優良な取り組みをしている中小事業主(*)を認定するための制度です。同制度は2020年より開始され、本記事の執筆時点では...
就労支援

コロナ禍の障害者雇用状況の集計結果をみる(2020年)

毎年6月1日現在の民間企業・行政機関における障害者雇用状況の集計結果(いわゆるロクイチ集計)が毎年12月に公表されますが、2020年分の集計結果については、年明けの2021年1月になって公表されました。 本ブログでは、この障害者雇用...
精神疾患

精神・発達障害当事者の結婚のあり方を考える

筆者は発達障害(ASD)の当事者で、二次障害として双極性障害の治療を続けながら、障害者雇用で障がいを開示して就労しています。障がいオープンでの転職を1度経験して、本稿執筆時の2021年で通算4年間、障害者雇用で安定的に就労継続しています。...
行政支援

最近の障害者雇用・就労移行支援の動向【2021年新年挨拶】

筆者が、障害者のための就労支援サービスである就労移行支援を2017年に利用終了してから、4年が経ちました。また、引き続き利用していた就労定着支援の利用も2020年で終了しました。 それらのサービスの利用終了から、本稿執筆までの期間、...
行政支援

箱根の山を障害者割引運賃で駆け巡る

神奈川県の一大観光地、箱根にある交通機関や観光スポットを利用するのに、障害者手帳を呈示して割引を受けて、賢く旅行したいものです。交通機関の割引に制限のある精神障害者保健福祉手帳ですが、箱根では観光スポット、交通機関ともに広く割引を受けられ...
就労支援

2020年国勢調査 – 障害者雇用・福祉的就労の記入方

筆者が就労移行支援事業所に通所していた2015年の前回の国勢調査から今年で5年間が経ち、再び国勢調査の期間に入りました。 国勢調査で答える場合、自分が働いているかどうか、どんな内容で働いているか詳しい内容を記入することになりますが、...
精神疾患

精神障害者保健福祉手帳取得のメリット・課題

筆者が発症当時うつ病に罹患して通院を始めて2年経った時に「精神障害者保健福祉手帳」を取得してから、本稿の執筆時点でちょうど16年が経過しました(「精神障害者保健福祉手帳」については、以下「手帳」もしくは「障害者手帳」と記載します)。手帳に...
就労支援

障害者雇用における正規雇用(正社員就労)を考える

筆者は、障害者雇用(障がい開示)で東証一部の大手企業で就労した経験が2社あります。本稿執筆時現在では障がい開示での転職経験が1回あり、現在は2社目になります。その1社目(前職)の契約社員としての勤続期間が2年3か月、2社目(現職)の契約社...
行政支援

島原鉄道(長崎県)運賃の障害者割引【精神OK】

長崎県の島原半島に位置する諫早駅(長崎県諫早市)と島原港駅(長崎県島原市)を結ぶ43.2kmのローカル線の島原鉄道線。有明海沿いを走る風光明媚な路線です。 専ら地元の人たちのための路線ですが、観光地の島原市を訪れるのに利用することも...
行政支援

熊本フェリー(熊本ー島原航路) 運賃の障害者割引【精神OK】

熊本港(熊本市)と島原港(長崎県島原市)を結ぶカーフェリー(オーシャンアロー号)、片道30分で有明海を渡る航路の運賃は、障害者手帳による割引が受けられます。 航路の場合、精神障害者保健福祉手帳の所持者に対する割引が地方鉄道ほど浸透し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました