社会復帰

精神疾患

就労の中で双極性障がいのエピソードに直面したら

双極性障がいをもつ筆者が障がい者枠でのオープン就労を始めて1年以上がたち、仕事が順調になってきたとすっかり思い込んでいた。ところが、ある日いきなり気分の波が現れて、調子が悪くなってしまった。仕事ではずっとバリバリと資料を作成したり、人と接す...
行政支援

事業者別障害者割引制度:秩父鉄道(埼玉県)

秩父鉄道は、埼玉県北西部の羽生市から熊谷市、長瀞町を経由して秩父市までを結ぶ71.7kmの路線である。 元々秩父地方で産出される、セメントの原料である石灰石を貨物として輸送するのが主力の鉄道だったが、最近は旅客輸送が中心で、週末には長瀞、...
就労支援

就労後のサポートを受けるための「就労定着支援」サービスが始まった

筆者は就労移行支援サービス利用後、障害者枠での就労を果たしてから、定期的に定着支援を受けている。 定着支援とは、会社や生活上の問題や課題がないかどうか、支援者が障がいを持った当事者からヒアリングして、関係各所と調整してくれるサービスで、特...
就労支援

精神障害者のための確定申告ノウハウ(オープン・クローズド就労の各留意点)★

私金海は社会復帰を果たして、今年で4年目になります。つまり、過去3年間の間、収入が発生していたことになります。毎年2月から3月は所得税の確定申告の時期ですが、筆者も所得税の確定(還付)申告を済ませました。障がいのあるなしにかかわらず、何ら...
行政支援

事業者別障害者割引制度:野岩鉄道(栃木県)

野岩鉄道は、栃木県日光市(旧藤原町)の鬼怒川温泉の少し北にある新藤原駅から、栃木県と福島県の県境を越えて、福島県南会津町の会津高原尾瀬口駅までを結ぶ約30㎞の第三セクターの路線である。 2017年4月から、東武特急のリバティ号...
精神疾患

東京都内路線バス 精神障害者への割引状況のまとめ【2018年】

東京都内、およびその周辺を走る路線バスについては、身体・知的障害者に関しては割引制度がちゃんと完備されているが、精神障害者に対する割引は、未だに不十分である。 東京都が発行する精神障害者手帳を所持する人(東京都民)に関して、東京都の措...
精神疾患

ヘルプマークは無料でもらえます!

電車の中や街でよく見かけるようになった赤いヘルプマーク、以前よりもよく知られるようになってきた。 筆者も、今年になってから実際にかばんに着けて通勤するようにすることにした。 外見上、体が不自由であったり、障がいを持っていたりすること...
行政支援

事業者別障害者割引制度:都営バス(東京都交通局)

東京都心部と東部・北部を中心に多くの路線がある、都営バス。 身体障害者手帳・療育手帳を保持している乗客(および介助者)に対する割引制度は完備されているが、精神障害者についてはその制度が整備されているかどうかの情報がわかりづらい。 身...
精神疾患

気分障がい当事者の結婚生活は難しいのか?

筆者は現在四十代半ばの年齢であるが、今のところ、結婚生活のチャンスには恵まれていない。たとえその機会があったとしても、精神障がいのある当事者ということで話がなかった状態になってしまっていた。その結果、今まで婚姻経験がなくて、独身状態が続いて...
就労支援

就労継続8か月目:今のところ順調♪(一精神障害者として)

就労移行支援制度を利用しての訓練通所が終わり、障害者枠で就労を開始してから7か月強が経過した。 筆者の場合は就労を始められて、かつ現在就労継続できていることになる(年次有給休暇が付与される嬉しいタイミングでもある)。精神障害者の場合、就労...
タイトルとURLをコピーしました